はじめての飛行機「国内へ出発」 ふだん乗り慣れた交通機関とは利用の仕方が違う、飛行機。でも、ポイントをおさえれば安心です。目的地に向かうまでの時間も大いに楽しみましょう。

STEP.1 おでかけの準備 STEP.2 さあ当日、空港へ STEP.3 乗るための手続き STEP.4 空港でのひととき STEP.5 保安検査場へ STEP.6 飛行機内へ

STEP.1 おでかけの準備

航空券を購入

航空会社、旅行会社、インターネット旅行サイトなどで航空券を購入します。
利用する航空会社によって、航空券の発行の仕方や、空港での「チェックイン(搭乗手続き)」の方法が異なります。
それぞれ確認して購入しましょう。

ルールを守って荷づくり

荷物には、飛行機の中へ「持ち込む」手荷物と、スーツケースなどの「預ける」荷物があります。

機内へ持ち込める荷物は、ハンドバッグなどの「身の回り品」1個と、サイズと重さが一定の範囲内の「手荷物」1個。
詳しいサイズや重さは、利用する航空会社のルールを調べておきましょう。

ここで気をつけたいのは、機内へ「持ち込み禁止」のものがあることです。
荷物についてのルールに合わせて、「持ち込む」「預ける」荷物をそれぞれつくりましょう。

ワンポイントアドバイス

預ける荷物の重さとサイズに注意!

無料で預けることのできる重さとサイズは、目的地、利用する飛行機のクラスなどによって異なります。
荷物が20kgを超えると超過料金が必要な場合もあるので、利用する航空会社のルールを確認しましょう。

「持ち込み」や「預ける」ことに制限のある代表例はコレ!

「持ち込み」や「預ける」ことに制限のある代表例

STEP.2 さぁ当日、空港へ

自宅を出る前に

忘れ物はありませんか。
航空券の購入方法によって、eチケットお客様控、二次元バーコード、クレジットカードなどが必要です。

空港へのアクセス

外出までに、空港までのルート、乗り換えの駅・時間を調べておきましょう。
当日は時間にゆとりを持ってお出かけを。

車で送ってもらう場合も、渋滞などを考慮して早めに空港へ向かうと安心です。

ワンポイントアドバイス

迷わず、早く、空港へ行きたいなら

名古屋~中部国際空港を最速28分で結ぶ名鉄空港特急「ミュースカイ」に乗る方法もあります。車内にはスーツケースを置ける荷物置き場も設置されていて便利。
ほかに、名古屋市・藤が丘や豊田市、浜松市などからは乗り換えなしの直行バスも運行しています。

それでも、トラブルなどで遅れそうになったら

搭乗予定便の出発前までに、利用する航空会社へすぐに連絡を。

STEP.3 乗るための手続き

指定の方法でチェックイン

飛行機に乗るには「チェックイン(搭乗手続き)」が必要です。
空港に着いたら3階の出発ロビーに進み、利用する航空会社のカウンターで手続きを。係の人から「搭乗券(ボーディングパス)」を受け取ります。

このほか、搭乗する航空会社、航空券の購入方法によっては、Webチェックインや自動チェックイン機での搭乗手続きもできます。
航空会社や、預ける荷物があるかないかによって、チェックイン方法はさまざま。指定された方法で手続きをしましょう。

ワンポイントアドバイス

「搭乗券」のココをチェック!

チェックインをして受け取った「搭乗券」で、搭乗締め切り時間(出発時間ではなく、乗り込む時間)や、搭乗口(ゲート番号)を確認しておきましょう。
セキュリティチェックを済ませた上で、出発時刻の15分前までには搭乗口に到着しておくようにしましょう。

荷物を預ける

預ける荷物は係の人に渡して、「荷物引換証」を受け取ります。
「荷物引換証」は目的地で荷物を受け取るまで大切にしまっておきます。

STEP.4 空港でのひととき

出発前にブレイクタイム

セキュリティチェックから先は飛行機に乗る人しか入れません。
それまでは、見送りの方々と出発前の和やかなひとときを。

4階には多彩なレストランやショップがあるので、ご家族や友人とお気に入りを見つけるのも楽しそうです。

忘れ物を最終チェック

もう一度、忘れ物がないかを確認してみましょう。
何か必要な場合も、空港にはトラベル用品、医薬品、化粧品、書籍、電化製品などいろいろと揃っているから便利です。

旅行保険には加入しましたか?
万一の病気やけがなどに備えておくと、アクシデントが起きても対応しやすいはず。
空港内でも出発当日に手続きができます。

STEP.5 保安検査場へ

セキュリティチェック

手荷物検査とボディチェックが行われます。

搭乗券を係の人に見せるか、二次元バーコード、ICカードなどを専用機器へかざします。
機内に持ち込む手荷物をX線検査機に通し、金属探知ゲートをくぐります。

このとき、カギ、財布、携帯電話など身につけている小物は、手荷物の中にしまうか、用意されているトレイに入れましょう。
ペットボトルなどに入った飲料は、手荷物から出してトレイへ。

STEP.6 飛行機内へ

搭乗締め切り時間までに搭乗口へ

搭乗券に記されている搭乗締め切り時間と搭乗口を確認。
時間にゆとりをもって搭乗口へ集合しましょう。

いよいよ搭乗

搭乗ゲートから飛行機に乗ります。
乗り込む順番が決められているので、アナウンスや係の人などの案内に沿ってスムーズに進みましょう。
搭乗券に記された番号のシートに座り、携帯電話などの電子機器の電源を切って離陸を待ちます。

さあ、間もなく空の旅が始まります。快適なフライトを楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加