はじめての飛行機「海外へ出発」 海外旅行は楽しみもいっぱいですが、慣れないことに不安も多いものです。日本を出発するには、独特のルールがあります。当日までの流れをおさえて、あこがれの海外へ飛び立ちましょう!

STEP.1 おでかけの準備 STEP.2 さあ当日、空港へ STEP.3 乗るための手続き STEP.4 空港でのひととき STEP.5 保安検査場へ STEP.6 出国するための審査 STEP.7 飛行機内へ

STEP.1 おでかけの準備

航空券を購入

まずは、航空会社や旅行会社などで航空券を購入します。
航空券の種類はさまざま。条件や価格がそれぞれ違い、中には日程変更やキャンセルなどが制約されるタイプもあります。条件を確認して選びましょう。

最近ではほとんどの航空会社でeチケットが採用されています。
「eチケットお客様控」を大切に保管しましょう。

旅行会社などで購入した航空券は、出発当日に空港で受け取る場合もあります。
当日、出発ロビーの指定されたカウンターへ行きましょう。

パスポート・ビザを用意

海外旅行に欠かせないのは、なんといってもパスポート。旅行が決まったら早めに取得しましょう。
すでに持っているなら、「有効期限」を必ずチェック!
旅行から帰ってくるまでに有効期限切れになりませんか?
また、国によっては入国条件にパスポートの残存有効期間が指定されていることがあります。パスポートの残存期間に注意しましょう。

パスポートに加えて、ビザ(査証)やESTA(電子渡航認証)が必要な国があります。
あらかじめ調べて、必要なら申請を。

外務省 渡航関連情報

ルールを守って荷づくり

荷物には、飛行機の中へ「持ち込む」手荷物と、スーツケースなどの「預ける」荷物があります。

機内へ持ち込める荷物は、ハンドバッグなどの「身の回り品」1個と、サイズと重さが一定の範囲内の「手荷物」1個。
詳しいサイズや重さは、航空会社のサイトなどで調べておきましょう。
機内で使いたい小物は、身の回り品に入れておくとスムーズに利用できそうです。

ここで気をつけたいのは、機内へ「持ち込み禁止」のものがあることです。
荷物についてのルールに合わせて、「持ち込む」「預ける」荷物をそれぞれつくりましょう。

荷づくりをしていると、機内で快適に過ごせるようにとアレコレ持ち込みたくなりがちですが、なるべくなら必要最小限に。
身軽なほうが飛行機の乗り降りもラクで、スマートな空の旅が楽しめそうです。

ワンポイントアドバイス

預ける荷物の重さとサイズに注意!

無料で預けることのできる重さとサイズは、目的地、利用する飛行機のクラスなどによって異なります。
荷物が20kgを超えると超過料金が必要な航空会社・搭乗クラスもあるので、利用する航空会社のルールを確認しましょう。

「持ち込み」や「預ける」ことに制限のある代表例はコレ!

「持ち込み」や「預ける」ことに制限のある代表例

STEP.2 さぁ当日、空港へ

自宅を出る前に

忘れ物はありませんか?
特に、パスポートと航空券は必ず確認しましょう。
航空券の購入方法によっては、eチケットお客様控なども必要です。

空港へのアクセス

外出までに、空港までのルート、乗り換えの駅・時間を調べておきましょう。
当日は時間にゆとりを持ってお出かけを。

車で送ってもらう場合も、渋滞などを考慮して早めに空港へ向かうと安心です。

ワンポイントアドバイス

迷わず、早く、空港へ行きたいときは

名古屋~中部国際空港を最速28分で結ぶ名鉄空港特急「ミュースカイ」に乗る方法もあります。車内にはスーツケースを置ける荷物置き場も設置されていて便利。
ほかに、名古屋市・藤が丘や豊田市、浜松市などからは乗り換えなしの直行バスも運行しています。

それでも、トラブルなどで遅れそうになったら

搭乗予定便の出発前までに、利用する航空会社へすぐに連絡を。

STEP.3 乗るための手続き

カウンターでチェックイン

飛行機に乗るには「チェックイン(搭乗手続き)」が必要です。
空港に着いたら3階の出発ロビーに進み、利用する航空会社のカウンターへ。
「パスポート」と「航空券」を係の人に渡し、チェックインをします。
同時に、スーツケースなどの「預ける荷物」も渡します。

このほか、搭乗する航空会社、航空券の購入方法によっては、Webチェックインや自動チェックイン機での搭乗手続きもできます。

●搭乗券を受け取り

「搭乗券(ボーディングパス)」「荷物引換証」を係の人から受け取ります。

「搭乗券」で、搭乗締め切り時間(出発時間ではなく、乗り込む時間)や、搭乗口(ゲート番号)を確認しておきましょう。
「荷物引換証」は目的地で荷物を受け取るまで大切にしまっておきます。

STEP.4 空港でのひととき

見送りの人と楽しく

セキュリティチェックから先へは飛行機に乗る人しか入れません。
それまでは、お見送りの方々と出発前の和やかなひとときを。

セントレアの4階にはレストランやショップがあり、ご家族や友人と楽しい時間を過ごせます。

忘れ物を最終チェック

もし忘れ物に気づいたときは、ショップを見てみましょう。
トラベル用品、医薬品、化粧品、書籍、電化製品など多彩に揃っています。

海外旅行保険には加入しましたか?
万一の病気やけがなどに備えておくと、アクシデントが起きても対応しやすいはず。
空港内でも出発当日に手続きができます。

ワンポイントアドバイス

出発前の用意で安心!現地通貨

海外は不慣れだから、旅行先で両替するのが不安・・・。
そんな場合は、出発前に日本円を外貨へ両替しておきましょう。
空港内には外貨両替専門店や銀行、外貨両替自動販売機があります。
出発ロビー内など利用しやすい場所にあり、さまざまな国の通貨を扱っているので便利です。

STEP.5 保安検査場へ

セキュリティチェック

手荷物検査とボディチェックが行われます。
「搭乗券」を係の人に見せて、機内に持ち込む手荷物をX線検査機に通します。

ポケットに入っている財布や携帯電話などは、手荷物の中にしまうか、用意されているトレイに入れましょう。
ボディチェックのため、金属探知ゲートをくぐります。

ワンポイントアドバイス

要チェック!液体の機内持ち込みルール

100mlを超す液体物(ジェル類も含む)は持ち込みが禁止されています。
100ml以下の容器に入った液体物がいくつかある場合は、縦横20cm以下のプラスチック製袋にまとめて入れましょう。医薬品やベビーミルクなどは持ち込める場合があります。

STEP.6 出国するための審査

日本を出国する手続き

出国審査ブースで、「パスポート」と「搭乗券」を係の人に渡します。
このとき、パスポートのカバーは外しておきましょう。
ここを通過すると、日本を飛び立つ瞬間が間近に迫ってきます。

飛行機に乗るまで、免税店でお買い物を楽しむなど自由に過ごしましょう。

STEP.7 飛行機内へ

搭乗締め切り時間までに搭乗口へ

搭乗券に記されている搭乗締め切り時間と搭乗口を確認。
時間にゆとりをもって搭乗口へ集合しましょう。

いよいよ搭乗

搭乗ゲートから飛行機に乗ります。
乗り込む順番が決められているので、アナウンスや係の人などの案内に沿ってスムーズに進みましょう。
搭乗券に記された番号のシートに座り、携帯電話などの電子機器の電源を切って離陸を待ちます。

さあ、間もなく空の旅が始まります。快適なフライトを楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加