EAAAの取り組み

EAAAって何?

急速に変わりつつある航空市場と東アジア地区の高まる需要に応えるため、2001年12月に、日本、中国、韓国の主要空港会社で構成される東アジア空港同盟(EAAA)が韓国・済州島で組織されました。

EAAAのメンバーは少なくとも年1回の定期会議を開催する他、必要に応じて追加会議を開催することになっています。

EAAAはその創設以来、空港の運営及び管理に関連する共通の問題を熱心に議論し、東アジア地区における航空サービス及び旅客サービスの改善に努めています。

EAAAロゴ

EAAAの活動

共同ホームページの構築

東アジア圏内を旅行されるお客様が必要な情報を簡単に入手出来るよう、この紹介ページから各空港ホームページへの相互リンクを張りました。

空港内案内表示の標準化の討議

加盟空港が共同編集した「EAAA推奨用語及びピクトグラム用例集」に基づき、将来におけるターミナルの増改築に備えた案内表示の標準化を討議しました。

共同CS(お客様満足)キャンペーン

お客様によりよいサービスを提供するためのアイデアを共有しました。又、2005年7月1日から”Feel the Asian Way” をテーマに、共同CSキャンペーンを実施しました。

コスト効率に関する取り組み

コスト効率を改善するための様々なアイデアを持ち寄り、共有しました。

旅客動線簡素化

各加盟空港における乗継旅客動線について検証し、意見を交換しました。さらに、今後の取り組みとなる加盟空港間の旅客動線簡素化に関する共同事業について協議が行われました。

エアポート・マーケティング・プロモーション

旅客の期待に応え、持続的発展へ向けた空港総合活用を強化するため、各空港におけるサービス促進に関する様々な成功事例を相互に紹介し、共有しました。

セキュリティ

各空港代表者が「空港の安全・安心」について発表及び意見交換を行いました。

ユニバーサル・デザイン

空港内の施設面及びサービス面双方におけるユニバーサル・デザインに関して、情報交換を行いました。

環境について

各空港の代表が「持続可能な環境空港になるための戦略」について発表及び意見交換を行いました。

インターモーダル輸送について

航空機、鉄道、車両、船舶などの輸送機関を組み合わせてお客様や貨物を運ぶ複合一貫輸送について、各空港代表者が意見交換を行いました。

商業分野の取組みについて

空港の商業分野について各空港代表者が発表及び意見交換を行いました。

加盟空港

EAAA加盟空港地図

さまざまな取り組み

  •