電子機器用の予備バッテリーは機内へお持込下さい

2017年7月21日 

航空会社カウンターでは携帯電話やデジタルカメラなどといった電子機器類に使用する予備バッテリー類(リチウム電池・リチウムイオン電池)をお預けいただけません。以下のようなバッテリー類はスーツケースやカバンを預ける前に取り出していただき、お客様ご自身で機内へお持ち込み下さい。
お荷物を検査した際に発見されたことで、お客様をお呼びし再検査への立ち会いをお願いするケースが数多く発生しています。出発前の時間を快適にお過ごしいただくためにも、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。
なお、電池が機器本体に内蔵された状態であればお預けいただけます。
詳しくはご利用航空会社のカウンター職員へお問合せ下さい。

空港に行く前に確認!飛行機に持ち込めないモノ

旅行や出張などで飛行機を利用する際に必ず必要なのが、搭乗前の荷物の安全チェック。飛行機を安全に運航させるためには欠かせない手続きですが、実は機内に持ち込む手荷物や搭乗前に預ける手荷物には、「入れてはいけないもの」があるのをご存じでしょうか?今回は、空港に行く前に確認していただきたい、持ち込める物の制限やルールについてご紹介します。

空港に行く前に確認!飛行機に持ち込めないモノ(外部サイト)

〔2017年7月より〕リチウム電池内臓電子機器の取り扱いルールの変更について

2017年7月1日より、リチウム電池を内蔵した携帯型電子機器を「貨物室」で輸送する場合(カウンターでの受託手荷物)の安全措置についてルールが改正されました。

  • リチウム電池を内蔵した携帯型電子機器(PC、タブレット等)は電源を完全にオフ(スリープモード不可)にしてください
  • 偶発的な作動や損傷を防止するため強固なスーツケースへの梱包や衣類等による保護などしてください
  • ※リチウム電池を使用した予備電池(モバイルバッテリー等)は、引き続きカウンターでの受託手荷物として貨物室に預けることはできません。


    →国土交通省からのご案内(外部リンク)

    予備バッテリーの例


    • スマートフォン用モバイルバッテリー

    • デジタルカメラ用バッテリー
      (本体から外された状態)

    〔国土交通省からのお知らせ〕サムスン電子社製ギャラクシーノート7の航空機への持ち込み禁止について

    2016年10月15日より、サムスン電子社製ギャラクシーノート7について、電源を切った状態でも機内への持ち込みを全面的に禁止されました。
    詳しくは、国土交通省のホームページをご確認ください。


    →国土交通省からのご案内(外部リンク)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加