スカイデッキ

スカイデッキ

滑走路まで約300m。 日本の空港で、これほどまで滑走路に近づける展望デッキは他にありません。さまざまな特殊車両や整備士が機敏に動き回る出発準備シーン、わずか50m先にある誘導路を離陸に向けて進んでいく飛行機、そして機体が浮き上がる瞬間まで、まさに目の前で体感できます。

Check Point 01 刻一刻と風景が移り変わり、何度足を運んでも感動的

スカイデッキの開放時間は朝7時から夜22時30分まで。まぶしい朝日に機体が照らされる朝、伊勢湾に夕陽が沈む夕暮れ時、青や緑の航空灯火が輝き、宝石をちりばめたような美しい夜景…。時間ごとに表情が移り変わり、訪れる度に新しい感動を与えてくれます。

Check Point 02 ドリームリフターの解説や尾翼マーク一覧をチェック

セントレアでしか見ることができない飛行機といえば、ボーイング787の部品を積み込む「ドリームリフター」。国際線側には解説が設置されており、好奇心を刺激されます。また、各所にエアラインの尾翼マーク一覧を展示。航空機の尾翼と照らし合わせ、様々な国に思いを馳せてみては?

Check Point 03 小さなお子さまも大満足!「フーのビューポイント」

天気が良ければ、対岸の伊勢志摩がくっりと見えたり、名古屋港を行き交う大型貨物船もよく見えるスカイデッキ。小さなお子さまや車椅子の方でも絶好の眺望を楽しめるよう、手すりの一部を改良し、「フーのビューポイント」として視界を確保しました。スカイデッキに8カ所に設置されています。

前のページへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加