LCC of centrair

メニュー

ホーム > LCC活用方法 > ジェットスター台北便 搭乗記

日本語で安心!ジェットスター 台北~セントレア便 搭乗記

日本語で安心! ジェットスター 台北~セントレア便 搭乗記

人気の旅行先「台湾」。中部国際空港・セントレアからは3社のLCCが就航しています。LCCに乗るのが初めての人にオススメなのが「ジェットスター・ジャパン」。乗務するCAさんは日本人または日本語の堪能な方ばかりなので、機内でのコミュニケーションも安心です。実際に台北~セントレア便に搭乗してきました!

  1. 台湾桃園空港のジェットスター・ジャパンのカウンターへ
  2. 機内持ち込み手荷物は7キロまで!
  3. 午前1時半すぎ 搭乗開始
  4. ジェットスター・ジャパンはエアバスA320型機を使用
  5. 日本人クルーが笑顔でお出迎え
  6. ジェットスター・ジャパンの座席は?
  7. 旅の思い出に浸りながらセントレアへ!
  8. お待ちかねの機内食の販売開始!
  9. 免税品購入のラストチャンス!
  10. 飛行機の窓から見る夜明けは必見!
  11. 到着後、そのまま出勤も可能!
  12. 日本語で安心! はじめてのLCC旅行にはジェットスター・ジャパンがオススメ

1. 台湾桃園空港のジェットスター・ジャパンのカウンターへ

桃園空港第1ターミナルのジェットスター・ジャパンのチェックインカウンター
現地時間の午前0時すぎ。中部国際空港・セントレア行きのジェットスター・ジャパンの飛行機に搭乗するため、台湾桃園空港の第1ターミナルにやってきました。 深夜にも関わらずカウンターには長蛇の列。最近の日本旅行ブームを実感します。 ちなみに桃園空港~台北市内は24時間バスが運行しているので、深夜便のアクセスも安心です。

2. 機内持ち込み手荷物は7キロまで!

ジェットスター・ジャパンは7キロまで無料で荷物を持ち込める

ジェットスター・ジャパンはLCCなので預け荷物は有料です。手荷物は、機内に無料で持ち込むことができますが、計2つ・合計7kgまでと制限があります。あらかじめ整理するようにしてくださいね。
チェックインカウンターで預け荷物を追加する場合は、料金が割高になります。荷物が多い方は、預け荷物が含まれた「ちゃっかりPlus」などの運賃で購入するか、個別に荷物を追加するようにしましょう。

3. 午前1時半すぎ 搭乗開始

午前1時半すぎ GK92便セントレア行きの搭乗開始
午前1時半すぎ、セントレア行きのジェットスター・ジャパンGK92便の搭乗が始まります。
入口で搭乗券を再度確認するのでカバンにしまわないように
搭乗券は、機内の入口で再度確認があるので、ゲート通過後もかばんなどにしまわないほうがスムーズです。

4. ジェットスター・ジャパンはエアバスA320型機を使用

ジェットスター・ジャパンが使用するエアバスA320型機
こちらがセントレア行きのジェットスター・ジャパンの飛行機です。
セントレア行きのジェットスター・ジャパンの機内
機体は、エアバス社のA320型機を使用しています。まだ新しく、機内も明るいです。

5. 日本人クルーが笑顔でお出迎え

笑顔の日本人チーフパーサーがお出迎え
機内の入口では、日本人チーフパーサーが笑顔でお出迎え。久しぶりの日本語にちょっとホッとする瞬間です。

6. ジェットスター・ジャパンの座席は?

ジェットスター・ジャパンの座席

こちらがジェットスター・ジャパンの座席です。機内誌などは座席背面の上部に収納するスタイルになっています。

レザーシートでちょっとカッコいいですよね。

ジェットスター・ジャパンの座席の足元

意外と快適! LCCで気になる座席間隔は?

LCCで気になるのが座席の前後間隔ですよね。ジェットスター・ジャパンの座席の前後間隔は平均74センチ(29インチ)と大手航空会社より約5センチほど狭くなっています。

ただ、実際に座ってみると足元には握りこぶし1個分のスペースがあり、前の席の下の空間に足を伸ばすこともできます。意外と快適というのが率直な印象です。

日本人クルーが日本語で対応

出発前には客室乗務員が非常時の安全設備の利用方法を説明します。
海外のエアラインでは現地の言葉と英語のみで案内を行うところが多いので、日本語で説明するジェットスター・ジャパンの場合はこういった点でも安心感があります。

7. 旅の思い出に浸りながらセントレアへ!

桃園空港を離陸!いざセントレアへ

現地時間午前2時すぎ、ジェットスター・ジャパンGK92便がセントレアに向けて桃園空港を離陸しました。

台北の街の夜景を見ながら旅の思い出に浸ります。

旅の終わりの寂しさをあまり感じないのは、「また来れる」という、LCCの気軽さもあるかもしれませんね。

8. お待ちかねの機内食の販売開始!

シートベルトサインが消えると機内販売を開始
飛行機が安定飛行になり、シートベルトサインが消灯するとお待ちかねの機内食の販売です。
ジェットスター・ジャパンが販売する機内食メニュー

ジェットスター・ジャパンはLCCなので機内食は有料です。
ただ、ホットドッグやクロワッサンなどの軽食と飲み物がセットで500円~700円程度なので、ちょっとお腹が空いている時には気軽に購入することができます。

濃厚チョコとマカダミアナッツのマフィンと紅茶のセット(500円)

今回注文してみたのは「濃厚チョコとマカダミアナッツのマフィン」(400円)と「伊藤園の紅茶」(200円)。
単品でそれぞれ買うと合計600円ですが、あわせて買うと100円割引されて500円になるので、セット購入がオススメです。

9. 免税品購入のラストチャンス!

機内食の後は免税品を販売
機内食の販売が終わると、続いて、免税品の販売が行われます。
セントレアに戻る便ではこれが免税品購入のラストチャンスなので、おみやげの買い忘れがないかチェックしておきましょう。

10. 飛行機の窓から見る夜明けは必見!

日本時間の午前4時半すぎ 東の空が明るくなる
一通りの機内サービスが終わると機内が消灯し、しばしの休憩タイムになります。
深夜便なのでほとんどの人は眠っていますが、オススメなのが機内から見る夜明けです。
進行方向右手の窓側の席では、東の空が鮮やかに色づく夜明けの光景を見ることができます。
午前5時半すぎ セントレアに到着

あっという間にセントレアに到着!

午前5時半すぎ、無事セントレアに到着しました!
台北からの飛行時間は約3時間。機内食や外の景色を楽しんでいるとあっという間に時間が過ぎていき、台北と名古屋の近さを改めて感じることができました。

11. 到着後、そのまま出勤も可能!

名鉄でそのまま出勤も可能
今回搭乗したジェットスター・ジャパンの台北便の場合、午前6時すぎにはセントレアを出られるので、そのまま電車に乗って出勤することも可能です。
また、セントレアには早朝から営業しているレストランがあるため、朝食をゆっくり食べるのもOK。午前8時からは展望風呂「風(フー)の湯」が営業しているので、時間に余裕がある方は朝風呂を楽しむこともできますよ。

12. 日本語で安心! はじめてのLCC旅行にはジェットスター・ジャパンがオススメ

ジェットスター・ジャパンのCAさんと笑顔でお別れ
今回初めて利用した、ジェットスター・ジャパンの台北~名古屋便。
実際に利用してみて一番に感じたメリットは「日本語でサービスを受けられる」という点でした。機内の接客はすべて日本語で行われるため、語学に不安のある方でも安心して利用できます。これは海外系のLCCにはない最大の魅力ですよね。
国内線感覚で海外旅行も楽しめるジェットスター・ジャパン。LCC旅行が初めてという方にもオススメのエアラインです。ぜひ一度セントレアからジェットスター・ジャパンで、お得な旅を楽しんでみてくださいね。