天然ガスコージェネレーションシステム

電気と熱を供給し、エネルギー効率の高い天然ガスコージェネレーションシステムを導入しています。

エネルギーセンターを設置し、天然ガスコージェネレーションにより地域冷暖房を行っています。セントレアが使用する電気の約半分を発電するとともに、その際に発生する排熱を利用して冷水や温水を作り、旅客ターミナルなどに供給しています。
また、エネルギーセンターでは、海水のエネルギーを冷却水熱源として有効に活用し、プラント設備の高効率運転を行っています。

.エネルギーセンター

エネルギーセンター

.天然ガスコージェネレーションシステムの概要

1つのエネルギー(天然ガス)から2つのエネルギー(電気と熱)を取り出すシステムです。エネルギーの利用効率が高く、燃料の使用量を抑えることができます。
エネルギーセンターでは、4,950kWのガスタービン発電機によって発電を行うと同時に、排熱を利用して蒸気を取り出しています。
また、天然ガスを使用していますので排気がクリーンです。

ガスコージェネレーションシステムの概要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加