〔2014年3月17日から〕エアアジア Xがセントレア-クアラルンプール路線を開設

2013年11月18日 ご案内

エアアジアグループの中長距離路線を担うLCC、エアアジア X(D7)は、東京(羽田)と大阪(関西)に続く日本での3番目の就航地として、セントレア-クアラルンプール路線を開設することを発表しました。新路線は2014年3月17日より週4便で運航の予定です。

■運航スケジュール
D7 542 クアラルンプール08:45発-セントレア16:20着 月・金
D7 543 セントレア17:35発-クアラルンプール23:45着 月・金
D7 546 クアラルンプール00:45発-セントレア 08:20着 水・土
D7 547 セントレア09:35発-クアラルンプール15:45着 水・土
※2014 年3 月17 日から

エアアジアX について

エアアジアX は、エアアジアグループの中長距離路線を担う航空会社です。マレーシアに本社を置き、日本、中国、オーストラリア、台湾、韓国、ネパール、スリランカ、モルディブ、サウジアラビアの18 都市に就航しています。

エアアジアX は現在、15 機のエアバスA330 型機を保有しています。A330-300 型機には12 席のプレミアム・フラットベッドと365 席のエコノミーシートを設けております。2007 年の就航開始以来の総搭乗人数は1,000 万人以上になります。エアアジアX のビジョンは、長距離路線のLCC としての地位を世界的に確立し、世界で初めてマルチハブを持ったLCC のネットワークをエアアジアグループとして築くことです。

エアアジア ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加