尾鷲産の養殖ブリがセントレアからベトナムへ!

2017年2月9日 ご案内

2月9日(木)、「フライ・セントレアカーゴ」パートナー企業である尾鷲物産株式会社による三重県尾鷲産養殖ブリがセントレアからベトナムへ初めて出荷されました。

近年世界的にも日本食ブームや健康志向が広がっていることから、尾鷲物産株式会社では日本国産鮮魚の海外輸出を約10年前から国内他空港経由で行ってきました。そして、2015年7月に台湾向け国産ブリをはじめてセントレアから出荷したのを皮切りに、その後セントレア発の取扱量を順調に伸ばしてきました。
今回の取組みではその販路をベトナム(ホーチミン)へと拡大するものであり、より一層のセントレア発貨物の増大に寄与するものです。

セントレアでは高品質と評価の高い中部地域の農水産物・食品の輸出拡大に向けて、引き続き関係者と連携した様々な取り組みを行ってまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加