〔検疫所からのお知らせ〕豚コレラ発生に伴う肉製品の持ち出しの制限について

2018年9月9日 

9月9日に岐阜県において豚コレラの患畜が確認されました。これに伴い、日本から輸出される豚及びイノシシ肉、及びこれら由来の加工製品(ハムやソーセージなどの肉製品含む)について、輸出検疫証明書の交付が一時停止(日本国外への持ち出し禁止)しています。皆様のご理解とご協力をお願いします。

【2018年9月9日発生】岐阜県における豚コレラの患畜の発生について

==(「農林水産省」HPより一部抜粋)==
2018年9月9日、岐阜県岐阜市の養豚農場において、家畜伝染病である豚コレラの患畜が確認されました(中国においてアフリカ豚コレラが続発しておりますが、精密検査を実施した結果、アフリカ豚コレラの感染でないことを確認しております。)。
なお、豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。また、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。
本件に伴い、下記の通り豚およびイノシシ、およびこれら由来の加工製品(ハムやソーセージなどの肉製品含む)を日本から海外へ持ち出すことが一時的に制限されています。海外へご旅行される方はご注意ください。

【畜産物の日本からの持ち出し】

日本から海外へ畜産物および肉製品などを持ち出すには輸出検査が必要です。動物検疫の輸出検査対象のものは下記の通りです。
1. 渡航先の国が動物検疫上の検査証明書を必要としている物
2. 野生動物(しか、いのしし、うずら、きじ、かも類等)由来の肉製品等の畜産物

【よくある質問】
Q:スーパーで購入したハムを外国へ持って行くことはできますか?
A:渡航先の国が持ち込みを認めており、受入条件を満たせる場合には、動物検疫所で輸出検査を受けて合格したものについては持ち出しができます。
Q:魚の干物を持ち出す際、輸出検査は必要ですか?
A:魚の干物は動物検疫の対象ではないため、渡航先の国に確認し、持ち込みに制限がない場合には、動物検疫所の輸出検査を受ける必要はありません。

動物検疫所ホームページ「肉製品の持ち出しについて」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加