QRコードを活用した多言語による日本酒紹介を開始しました!

2018年12月14日 ご案内

セントレアでは中部地域を中心とする酒蔵約60社の協力を得て、空港内店舗で販売する日本酒にQRコード ※ を付したプライスカードを展開し、多言語で日本酒を紹介する取り組みを開始しました。これは日本の国際空港では初の取り組みです。
セントレアでは、今後とも空港を活用し、日本酒の魅力発信に努めてまいります。

実施内容

インバウンドのお客様を中心に好まれる日本酒の店頭プライスカードにおいて、QRコード ※ の読み取りにより専門のサイトへご案内し、商品情報を多言語でご提供するものです。

■開始時期 12月12日(水)~

■対象言語 日本語・英語・繁体字・簡体字・韓国語
      ※タイ語も12月末までに対応予定。

■対象商品 日本酒60銘柄
      ※12月中に約200銘柄まで拡大、以降も随時拡大予定。

■提供情報 ・商品紹介(ボトル・箱・ラベルの画像)
      ・日本酒データ(酒蔵・特定名称・原材料・酒米・仕込水・精米歩合・アルコール度数等)
      ・味わい(甘辛・濃淡・香り)
      ・飲み頃温度(冷酒・常温・熱燗)
      ・おすすめ酒器・料理

■対象店舗
・「CentrairDutyFree 酒・タバコ店」(日本酒コーナー)
 旅客ターミナルビル3階国際線出発制限エリア (営業時間 6:45~23:45)
・「銘品館」(お酒コーナー)
  旅客ターミナルビル3階非制限エリア (営業時間 6:30~21:00)

ご利用についてはどうぞお気軽に店舗スタッフまでお問い合わせください。

※「QRコード」は(株)デンソーウェーブの登録商標です。
※お酒の販売は20歳以上の方に限らせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加