アツい理由1
AMAMI BLUE 奄美ブルー
東洋のガラパゴスとも呼ばれる、手つかずの大自然が魅力の奄美大島。島を囲う“奄美ブルー”の青い海は、日本屈指の抜群の透明度を誇ります。年中、平均水温が約20℃以上あり、夏以外でもダイビングを楽しめます。
アツい理由2
代表的なダイビングポイント
奄美大島は日本で5番目の大きさの島。そのため、周囲に広がるダイビングエリアも広大です。様々なポイントがあるため、楽しみ方もいろいろ。どんなタイプのダイバーも満足できること間違いなし!
  • かわいいウミガメ 奄美大島の海にたくさん生息していて、一年を通して高い確率で出会うことができる!きれいな海を悠々と泳ぐ姿に癒やされよう。
  • 元気なサンゴ礁 生命力が溢れる豊かなサンゴが自慢。カラフルな魚が隠れ家にして群れています。大仏サンゴと呼ばれる大群落は必見です!
  • ダイナミックな地形 外洋には地形派も満足のポイント多数!代表的な“奄美ホール“は、巨大な岩の中にある水深30mまで落ちる縦穴に圧倒されます。
  • まさに生命の宝庫 黒潮の恩恵を受けた北部のポイントでは、圧巻の魚群があちこちで見られる。美しい熱帯魚の群れに癒やされよう。
  • ミステリーサークル 真っ白な海底に現れるナゾの幾何学模様…製作者はなんとアマミホシゾラフグという魚!ぜひ自分の目でチェック!(3~6月頃限定)
  • 小さな生物も豊富 ハゼ、エビ、カニ、ウミウシをはじめとした小さな生き物と次々と遭遇できます。フォト派やマクロ派のダイバーも納得!
  • みんな大好き人気者 とにかく可愛い彼(?)の名前は“ぶんぶくん”。ウニの仲間である「ブンブク」という生物の殻に穴を開けて顔を作っています。
  • みんな大好き人気者 とにかく可愛い彼(?)の名前は“ぶんぶくん”。ウニの仲間である「ブンブク」という生物の殻に穴を開けて顔を作っています。
アツい理由3
ダイビング以外にも魅力がいっぱい!
雄大な自然、美しい景色、島の恵みを生かしたグルメ。奄美大島は、海中以外の魅力もいっぱい。ダイビングが終わったあとも、旅の最終日まで楽しみつくそう!
  • マングローブカヌー

    島の中南部に広がる国内第2位の広さを誇るマングローブ原生林。生き物のいのちを間近で感じられる神秘的な冒険へ!

    Activity
  • 奄美十景あやまる岬

    奄美が誇る絶景スポット!天気の良い日には、奄美の北端まで見渡せることも。眼下には、サンゴ礁が彩る海が広がります。

  • パワースポットホノホシ海岸

    波に削られたまん丸な石がビーチを埋め尽くすめずらしい海岸。波打ち際でガラゴロと鳴る石の音を聴いてみて!

  • 恋愛祈願ハートロック

    干潮時に現れる、ハート型の潮だまり。天気が良く波が穏やかな日は、宝石のように輝きます。干潮時間を調べて行ってみて!

    Power spot!
  • 郷土料理 鶏飯

    江戸時代に、薩摩藩の役人をもてなすために作られたのがはじまり。鶏肉や錦糸卵がのったご飯を鶏の旨みたっぷりのスープでいただく一品。

  • 南国スイーツ

    果物や、黒糖、塩など、島で採れた素材を生かしたスイーツも豊富。自然の恵みを味わって、心癒されるひとときを。

    Sweets
ACCESS
鹿児島本土と沖縄本島の中ほどに位置する島。朝出発すれば、お昼前には到着! ご搭乗日45日前までの予約でお得な 新運賃ダッシュいま得と乗継運賃を組み合せれば片道7000円から!
セントレアから鹿児島乗り継ぎで奄美大島へ行くことができます。
片道 7000円〜
セントレアから最短約3時間
上記のほか、直前予約が可能で便利なお得運賃も! ご予約はコチラ!

※上記運賃は2020年10月25日~2021年3月27日ご搭乗分に設定しております(1区間/片道税込)。※上記運賃額に別途、国内線旅客施設使用料を申し受けます。
※販売座席数には制限があります。※各種運賃の詳細はスカイマークWebサイトをご確認ください。

DIVER’S VOICE