このページの本文へ移動

関係機関からのお知らせ

【新型コロナウイルス感染症に関する各種情報提供について】

新型コロナウイルス感染症に関する各種情報は、下記のウェブサイトで随時公開されております。
また、中部国際空港セントレア公式Twitterでも最新情報を随時配信していますので、アカウント『中部国際空港セントレア』 をご確認ください。
・新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
・新型コロナウイルス感染症の対応について(内閣官房ホームページ)
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html
・新型コロナウイルス感染症対策本部(首相官邸ホームページ)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/taisaku_honbu.html
・新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸ホームページ)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
・国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(外務省ホームページ)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html
・日本政府観光局(JNTO)では、非常時の外国人旅行者の安全・安心確保のため、365日、24時間、多言語で対応するコールセンター「Japan Visitor Hotline」を開設しており、新型コロナウイルス関連のお問い合わせにも対応しています。
https://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000311.html
「Japan Visitor Hotline」(PDF:565kB)

その他、個人で実施いただける予防措置や注意事項は WHOのウェブページ(英語) をご確認ください。

【国土交通省からの要請】

○不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたぐ移動及びご見学をはじめとするご来港については、新型コロナウイルス感染症のまん延防止の観点から、控えていただきますよう、お願いいたします。
○特に、発熱等の症状がある方につきましては、航空便の利用を厳に慎んでいただきますようお願いいたします。
〇なお、少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
(1)息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
(2)重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者,糖尿病,心不全,呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方,免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
(3)上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

〇安全な航空輸送を提供するため、定期航空協会及び全国空港ビル事業者協会において「航空分野における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を策定し、航空会社と各空港において取組みを進めております。航空便をご利用になる場合は、ご協力のほど宜しくお願い致します。
・航空分野における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(国土交通省ホームページ)
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001349264.pdf

〇連絡先など詳細については、以下の厚生労働省HPをご確認ください。
(参考)厚生労働省ホームページ
・新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html#kokumin
・各都道府県が公表している、帰国者・接触者相談センター 
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

【名古屋検疫所からのご案内】

○中部国際空港における新型コロナウイルス感染症に対応した検疫体制と手順は以下の通りです。

中部国際空港における新型コロナ検疫体制のフロー図

〇質問票Webについてはこちらをご確認ください。
○検査結果判明に要する時間は航空機の到着時間や到着客数等によって大きく左右されるため、事前に予測することができません。正確な時間はお答えしかねますのでご了承ください。
○検査結果を待つ場所は空港ビル内のみです。検査結果を待つための一時待機施設(ホテル等)は現在は運用していません。当日中に空港島から出発できない場合は、ご自身で空港島内のホテルを手配していただく必要があります。
○検査が「陽性」で入院または入所する場合、荷物は税関等の審査を受けた上で、入院先または入所先に持参します。
○入院または入所が解除された後、日本国籍者は直接帰宅できますが、外国籍者はいったん中部国際空港へ戻り入国審査を受ける必要があります。
○詳細は以下の名古屋検疫所HPをご確認ください。
https://www.forth.go.jp/keneki/nagoya/2021-01-chubu-corona-quarantine.html

海外よりご到着のお客様へのお願い

海外よりご到着されたお客様は、到着日よりご自宅等において14日間の待機をお願いします。(海外からご到着のお客様へお願い
また、ご自宅等へは公共交通機関を使わず、自家用車や、ご家族・ご勤務先の方等による送迎、レンタカー、ハイヤーの利用をお願いしております。

■ご家族等のお迎えをお待ちいただく場所
お迎えの方が来られるまでは、2F国際線到着ロビーにてお待ちください。
(お待ちいただく際のお願い)

  • 航空業界のガイドラインに基づき、空港内ではマスクを着用ください。
  • コンビニ等の店舗については、大人数での来店は避けるなどガイドライン等に基づきご利用ください。
  • 喫煙室、お手洗いは最寄りをご利用ください。

■レンタカー
 空港内には以下のレンタカー店舗があり、乗り捨て可能なプランもございます。

■ハイヤー・貸切バス
空港からご自宅やホテルなどの待機施設に移動される際の移動手段としてハイヤーや貸切バス手配のサービスがございます。

■空港内ホテル
公共交通機関を利用せずにご自宅等で14日間の待機ができない方は、ホテルでの待機が必要です。空港島内のホテルをご利用ください。※ご自身で予約が必要です。



【定期航空協会からのご案内】

〇新型コロナウイルス感染拡大防止のための、お客様へのお願い(マスク等の着用について)
http://teikokyo.gr.jp/pressrelease/532/#section-1


新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお客様へのお願い(マスク等の着用について)

【一般社団法人 日本旅行業協会:旅行連絡会よりお願い】

一般社団法人 日本旅行業協会:旅行連絡会では、旅程場面毎での感染症対策のお願いなどをまとめた「新しい旅のエチケット」をご案内しています。ご理解ご協力お願いいたします。