このページの本文へ移動

イベント

フォトコンテスト

応募期間:5月1日(水)~6月28日(金)

セントレアフォトコンテストについて

イカロス出版が発行する月刊エアラインと中部国際空港株式会社が共催で開催しているフォトコンテストで、2024年で第19回の開催を迎えます。審査員は日本を代表する航空写真家、伊藤久巳氏、ルーク・オザワ氏、チャーリィ古庄氏を迎え、セントレアのカレンダーとなる作品を募集するフォトコンテストです。入賞作品は月刊エアライン誌に掲載されるほか、セントレア内で開催する展示会で展示されます。
セントレアおよびセントレア周辺で撮影された、空港や航空へのあこがれ、空の旅の素晴らしさを感じられる作品を広く応募しています。日本を代表する航空写真家が審査員となって入賞作品を選定します。

募集テーマ

「空港や航空へのあこがれ」「空の旅の素晴らしさ」

セントレアおよびセントレア周辺で撮影された、「空港や航空へのあこがれ」「空の旅の素晴らしさ」を表現している写真で、以下の①②のいずれかの条件を満たすものであることとします。入賞作品は2025年セントレアカレンダーに掲載されます。(新人賞、開港20周年特別賞を除く)

①セントレアとわかる特徴的な対象が写っていること ②セントレアを離着陸する飛行機が写っていること

応募要項

募集期間
2024年5月1日(水)~6月28日(金)必着 ※郵送にてご送付ください。作品の持参、期間外の受付は行いません。

撮影期間(作品対象期間)
セントレア開港日(2005年2月17日)から、締切に間に合う時期までに撮影したものに限ります。
※応募票に必ず「撮影日」をご記入ください。入賞内定後のデータ提出時に確認させていただく場合があります。

応募サイズ
A4サイズ(210mm×297mm)プリント ※ポジ・ネガフィルム、デジタルデータなどでの応募は不可となります。

応募点数
お1人様10点まで応募可能です。なお、10点を超えて応募いただいた場合には、応募された全作品が審査対象外となりますのでご注意ください。

注意事項
下記ページに注意事項をまとめております。応募前に必ずご確認ください。本注意事項に同意いただいた方に限り『セントレアフォトコンテスト2024』に応募することができます。応募された場合は本注意事項に同意いただいたものとみなします。
https://www.centrair.jp/assets/doc/2024_Photo_Notes.pdf

応募票
ホームページで掲示している応募票をご利用ください。(任意書式でも構いませんが、必要事項が掲載されていない場合には無効となる場合がございます。)

表彰・賞品

最優秀賞(1名) 応募全作品の中から選定。2025年カレンダーに掲載 JTB旅行券2万円分および月刊エアライン1年分。
優秀賞(2名) 応募全作品の中から選定。2025年カレンダーに掲載 JTB旅行券1万円分および月刊エアライン1年分。
特別賞(3名) 応募全作品の中から選定。2025年カレンダーに掲載 セントレアお買物券5千円分。
セントレア賞(3名) 応募全作品の中から選定。2025年カレンダーに掲載 セントレアお買物券3千円分。
伊藤久巳賞(1名) 応募全作品の中から伊藤久巳氏が選定。セントレアお買物券3千円分。
ルーク・オザワ賞(1名) 応募全作品の中からルーク・オザワ氏が選定。セントレアお買物券3千円分。
チャーリィ古庄賞(1名) 応募全作品の中からチャーリィ古庄氏が選定。セントレアお買物券3千円分。
新人賞(3名) セントレアお買物券2千円分及び月刊エアライン1年分。
開港20周年特別賞(5名) 応募全作品の中から年代問わず開港20年の歴史を感じるシーンが対象 セントレアお買物券2千円分及びセントレア開港20年記念誌。

※該当する作品がない場合には、各賞については該当なし、入賞者数の変更とする場合があります。

応募票および注意事項

下記より専用の「応募票」をダウンロードいただき、下記必要項目を明記ください。応募票は、必ずそれぞれの作品の裏面にしっかりと接着してください。プリントの裏にボールペンなどで直接記入しないでください。また、応募用紙が添付されていない作品は審査の対象となりませんのでご注意ください。
※ご応募いただく前に、必ず注意要項をよくご確認ください。本コンテスト応募者は、応募時点で本コンテストの応募要項に記載の諸条件にすべて同意したものとみなします。

【応募票の使い方】
下記「応募票」ボタンを押すとzipファイルがダウンロードできます。zipファイルの中には①「セントレアフォトコンテスト2024応募票_1枚」PDF及びExcel形式②「セントレアフォトコンテスト2024応募票_複数枚」PDF及びExcel形式が格納されていますのでご利用ください。またzipファイルでなくファイルごとにもダウンロードできます。下記からダウンロードしてください。
セントレアフォトコンテスト2024応募票_1枚PDF
セントレアフォトコンテスト2024応募票_1枚Excel形式
セントレアフォトコンテスト2024応募票_複数枚PDF
セントレアフォトコンテスト2024応募票_複数枚Excel形式

1枚のみ応募
「セントレアフォトコンテスト2024応募票_1枚」に必要事項をご記入の上、切り取り線で切り取って作品裏側に貼付してください。
複数枚応募
「セントレアフォトコンテスト2024応募票_複数枚」に必要事項をご記入の上、2枚に分け、それぞれ作品裏側に貼付してください。

応募作品送付先

〒479-8701 愛知県常滑市セントレア1-1第1セントレアビル6階 中部国際空港株式会社 広報グループ セントレアフォトコンテスト事務局宛
※送付にかかる送料等は応募者にてご負担ください。※持参、応募期間外の受付は致しかねます。

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについては、作品の審査および発表の範囲内においてのみ利用し、応募者本人の同意がある場合を除き、第三者に提供することはありません。

入賞された方には、賞品の他にも様々な特典をご用意しております。

特典① セントレアカレンダーに掲載

入賞作品(新人賞・セントレア開港20周年特別賞は除く)は2025年のセントレアカレンダーに採用させていただきます。カレンダーはセントレアグループから頒布されます。(写真は2024年のものとなります。)

特典② 特別撮影ツアーにご招待

入賞者の皆さまを、普段は関係者しか入ることができないエリアでの「特別撮影ツアー」にご招待いたします。審査員とともに特別な場所で撮影をお楽しみいただけます。※表彰式当日に実施となります。

コメダ珈琲店セントレア店に作品を展示!

入賞作品(新人賞・セントレア開港20周年特別賞は除く)セントレア第1ターミナル4階「コメダ珈琲店セントレア店」の店内に展示いたします。※店舗事情により急遽中止させていただく場合がございます。何卒ご了承ください。

表彰式及び作品展示について

表彰式
2024年9月28日(土)午前、中部国際空港セントレア4階イベントプラザにて実施予定。入賞者の方に表彰状及び副賞をお渡しいたします。当日は審査員の3名も参加し、入賞作品の講評を行います。(当日の会場までの交通費は入賞者負担となります。)※日時等詳細が決まりましたが本ページにてご案内いたします。

作品展示
期間:2024年9月28日(土)~2025年3月31日(月)
場所:セントレア内特設展示会場(場所未定)
※日時等詳細が決まりましたら本ページにてご案内いたします。
※作品は会場の都合により全点を掲載できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

【応募者・入賞者特典】オリジナルグッズをプレゼント!

応募者の中から、抽選で100名様にオリジナルキーホルダー、入賞者にはもれなくオリジナルフライトタグをプレゼントいたします。奮ってご応募ください。

応募者の中から100名に抽選でプレゼント

抽選で100名の方にオリジナルキーホルダー(6cm x 2.5cm)をプレゼントいたします。
※応募票記載の住所に送付します。当選は発送をもって代えさせていただきます。

入賞者(20名)にオリジナルフライトタグをプレゼント

入賞者された方(20名)にオリジナルフライトタグ(14cm x 3cm)をプレゼント
※表彰式にお渡しいたします。

審査員紹介

伊藤久巳(航空写真家)
1958年・東京生まれ。1980年代前半からフリーカメラマンとして独立。そのかたわらでDC-8が気に入って被写体の一つとしていたことがきっかけで、1987年に「月刊エアライン」の取材カメラマンとして航空写真の分野に進出。並行して軍用機にも守備範囲を広げる。軍民双方の航空機の空撮を得意とする一方で、航空業界のあらゆる現場取材も精力的にこなし、現在でも「月刊エアライン」「Jウイング」などの航空雑誌のほか、航空会社や航空機メーカーの広告なども手掛ける。

ルーク・オザワ(航空写真家)
1959年・東京生まれ。1973年に初めて乗ったヒコーキに感動して以来、空港通いが始まる。1991年にフリーとなり、旅行・航空雑誌の取材などで世界を飛び回り、これまでの飛行搭乗回数は2,100回を越えた。雑誌のほか、航空会社の広報・カレンダー写真などを手がけるかたわら、航空写真セミナーやトークショー、ラジオ・テレビ出演など幅広く活動中。これまで手掛けたカレンダーは300作を越えた。

チャーリィ古庄(航空写真家)
1972年・東京生まれ。国内外の航空会社に勤務した後、旅客機専門の写真家として独立。世界100以上の国や地域に出かけ、訪れた空港の数は500以上。世界で最も多くの航空会社に搭乗しているギネス記録を持つほか、小型飛行機の操縦資格を有している。CANON EOS学園講師。著書は写真集WORLD JET TOUR、世界ビックリ空港探訪記、旅客機の一生物語など約20冊あり。

各年度の入賞作品