このページの本文へ移動

イベント

空港ピアノ「ひこうピ」

4階スカイタウン開館時間
第1ターミナル 4階イベントプラザ

中部国際空港セントレアは2005年2月17日の開港以来、様々な音楽家によって世界中の音楽に彩られながら歴史を刻んできました。
この度、開港15周年を記念し、音楽空港セントレアのシンボルとして、空港ピアノ「ひこうピ」が設置されました。
どなたでも自由に弾くことができるほか、フォトスポットとしてもお楽しみいただけます。空港にお越しの際は是非「ひこうピ」に会いに来てください。

空港ピアノ「ひこうピ」とは

このピアノは1975年製で珍しいアイボリーホワイトをしています。美しくかわいらしいピアノを青空に浮かぶ雲に見立て、オリジナルキャラクター「なぞの旅人フー」を中心とした「セントレアフレンズ」が集い、メロディーに合わせて楽しそうに踊っている姿を描きました。そして、より多くの皆さまに親しまれるよう、「飛行機」と「弾こう」を掛け合わせ、『ひこうピ』と名付けました。


【空港ピアノ「ひこうピ」設置にご協力いただいた方々】

寄 贈:豊島 德三 様

協 力:名古屋ウィーン・クラブ、学校法人中部学園 中部楽器技術専門学校、株式会社ヤマハミュージックジャパン(企業・団体敬称略)

概要

期間 7月23日(木曜・祝)~毎日
演奏可能時間 4階スカイタウン開館時間
場所 第1ターミナル 4階イベントプラザ


空港ピアノ「ひこうピ」を演奏していただく上でのお願い

空港ピアノの演奏にあたっては、以下の注意事項を必ずお守りいただき、大切にお使いください。

  • 皆さまが気持ちよく演奏できるよう譲り合ってご利用ください。
  • 屋根は触らないでください。
  • 営利行為はご遠慮ください。
  • 極度に大きな音での演奏、乱暴な演奏など、周りの方のご迷惑となるような演奏はお控え下さい。
  • 手指の挟まれなどによる負傷について、当社は一切の責任を負いません。特に鍵盤蓋の取扱いには十分ご注意ください。
  • 演奏の順番待ち、写真や動画の撮影、SNSへの投稿など、お客さま間で生じたトラブルについて、当社は一切の責任を負いません。
    トラブルに繋がらないよう、必要に応じて周囲のお客さまとコミュニケーションを取るように心がけてください。
  • 演奏中のカメラ・スマートフォン、貴重品等の盗難について、当社は一切の責任を負いません。演奏中はお手回り品の管理に十分ご注意ください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けたお願い

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各自の責任において以下事項の徹底をお願いします。

  • 演奏時はマスクの着用をお願いします。
  • 演奏前後には、必ず手洗いとアルコールによる手指の消毒をお願いします。
  • ※ピアノ本体はアルコール消毒液や除菌シートなどで消毒しないでください。

    ※手洗いや消毒の後、しっかりと手指を乾かせてからピアノに触れてください。

  • 体調の悪い方・発熱症状のある方は使用をお控えください。
  • 順番待ちの並び列や観覧場所では、周囲のお客さまとの間隔に十分な距離(2m程度)を確保してください。

他楽器を持ち込んでの合奏、合唱・弾き語りは当面の間、禁止させていただきます。

新型コロナウイルスの感染再拡大につき、事態が収束するまでの間は禁止させていただきます。
解禁する際には、セントレアホームページおよびピアノ周辺に、ルールとともに掲出いたします。