このページの本文へ移動

〔2020年7月22日(水曜)より〕

空港及びその周辺におけるドローン飛行禁止に関するお知らせ

2020年07月22日

2020年6月24日に「重要施設の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律」が改正されました。
この改正により、国土交通大臣が指定する空港の周辺地域(空港の敷地・区域やその周辺概ね300mの地域)の上空において、重さや大きさにかかわらず、小型無人機等を飛行させることが禁止されることとなりました。
指定された空港周辺地域の上空で小型無人機等を飛行させる場合は、空港管理者の同意や都道府県公安委員会等への事前通報が必要となります。
違反して飛行した場合には、警察官等による機器の退去命令や、飛行の妨害等の措置の対象となる場合があり、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる場合もあります。

ドローン等に関するルール等、詳細については国土交通省のホームページでご確認いただけます。




なお、空港周辺(特に300メートル以内の近傍)においてドローンなどが飛行しているのを発見された方は、速やかに警察(110番)へ通報していただきますよう、皆様のご協力をお願いいたします。