このページの本文へ移動

空港周辺における高さ制限のご案内

2019年11月01日

航空法の定めにより、空港周辺の空域では航空機の安全運航を確保するため、障害物がない状態に保つよう制限が設けられています。各種工事をはじめ、無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールなど予めご確認ください。

特定の場所について制限有無をご確認いただけます

特定の場所において、建設工事やクレーンの使用、よびドローン等無人航空機の操縦を行う際に、事前に制限の有無があるかをご確認いただけます。
詳しくは、「制限表面確認WEBサービス」をご覧ください。

中部国際空港周辺における建物等設置の制限について

中部国際空港周辺における制限表面に関する詳しい情報は、冊子「中部国際空港周辺における建物等設置の制限」をご確認ください。

無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールについて

無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行許可につきましては、国土交通省航空局ホームページ「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」を参照ください。

なお、セントレアでは、「中部国際空港供用規程」(2019年9月10日改正) により、「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)」の空港内での飛行、及び持ち込みが禁止されています。
また、空港及び空港周辺で許可なく無人航空機(ドローン・ラジコン機等)を飛行させた場合、航空法などの関係法令により罰則が課されますのでご注意ください。
空港周辺において飛行しているドローン等を発見した場合またはドローン等を飛行させようとしている人を発見した場合は、速やかに警察(110番)へ通報していただきますよう、皆様のご協力をお願いいたします。

■G20愛知・名古屋外務大臣会合の開催に伴い小型無人機等の飛行が禁止される空港及び期間の指定について

G20愛知・名古屋外務大臣会合の開催に伴い、「G20愛知・名古屋外務大臣会合時における小型無人機の飛行の禁止に関する条例」(令和元年愛知県条例第42号)が施行されました。
これにより、11月10日(日曜)から11月24日(日曜)の期間、セントレア及びその周囲おおむね1,000メートルの地域で無人航空機(ドローン・ラジコン機等)を飛行させることが禁止されています。
対象期間中に当該地域で許可なく無人航空機を飛行させた場合、関係法令等により罰則が課されますのでご注意ください。
なお、上記期間外においても、空港周辺等での無人航空機の飛行は航空法により規制されていますのでご注意ください。

■無人航空機の空港周辺での飛行禁止空域の拡大について
2019年9月18日付けで、セントレアを含む航空機の離陸及び着陸が頻繁に実施される国内8空港において、空港周辺での無人航空機(度ローン・ラジコン機等)の飛行禁止空域が変更されました。
当該区域で無人航空機を飛行させる場合には、国土交通大臣による許可が必要ですので、所定の手続きを行ってください。 なお、同日付けで遵守事項として以下の無人航空機の飛行の方法についても追加されております。 違反した場合には罰則が科せられますので、ご注意ください。

制限表面について

制限表面について