このページの本文へ移動

イベント

セントレア空港音楽祭

通年
イベントプラザ、セントレアホール 他

「花と緑と音楽で、笑顔あふれる空港 セントレア」を象徴するオリジナルイベント「セントレア空港音楽祭」。
プロ・アマチュア混合、オールジャンルの音楽イベントとして2011年1月にスタート。2016年からはジャズ、コーラス、マーチングなどのジャンル別企画が次々と誕生し、今では1年を通じ、季節ごとに様々な音楽プログラムを用意しております。

イベントの見どころ

プロとアマチュア、様々なジャンルの音楽が交流

国際空港は様々な国の人々が行き交い、出会う場所。その特徴をそのままコンセプトに置き換えたのが「セントレア空港音楽祭」です。プロやアマチュアのミュージシャンがかわるがわる様々な音楽を奏で、時にはコラボレーションする。そんな心温まるコンサート、ライブステージが楽しめます。
知らないミュージシャンでも、初めて聞く音楽でも、思わず足を止めて聞き入ってしまう。そして、微笑ましい姿に自然と笑顔がこぼれ、ひたむきに演奏する姿に胸を打たれる。それが「セントレア空港音楽祭」です。

セントレアの様々な場所がコンサート会場に

「セントレア空港音楽祭」ならびにシリーズ企画はイベントプラザやセントレアホール以外にも、スカイデッキやセンターピアガーデンなど、セントレア内のいろいろな場所を会場にして開催しています。
「SKY MARCHING FESTIVAL」では、マーチングバンドがスカイデッキをパレード。青空と飛行機を背景に、爽快にパレードする姿は春の風物詩となっています。

セントレア空港音楽祭 音楽の殿堂

「セントレア空港音楽祭」を中心に、長きにわたりセントレアのミュージックシーンを支え、大きく貢献していただいた方々に、その功績を称え「音楽の殿堂」の称号を贈呈しています。

出演者部門受賞者

八神純子 (やがみ じゅんこ)

アーティスト
2012年7月「第4回セントレア空港音楽祭」で初出演。以来合計5回にわたり「セントレア空港音楽祭」に出演。
2015年にはセントレアのイメージソングである「翼があるなら」を作曲。
2020年2月「第15回セントレア空港音楽祭」ではその功績を称えられ、歴代ゲストアーティストの中で初めて「音楽の殿堂」を受賞。
中部国際空港株式会社代表取締役社長犬塚力より感謝状を贈呈される。

※写真は「音楽の殿堂」受賞の際の記念写真。
  左から総合司会の河原龍夫、八神純子、犬塚力、セントレアキャラクターなぞの旅人フー

企画・監修部門受賞者

2018年度 受賞者

森 庸全(もり かねまさ)

株式会社イントロダクション 代表取締役
第1回開催からこれまで、すべての「セントレア空港音楽祭」およびスピンオフ企画を制作・運営。

井上 京(いのうえ たかし)

クラリネット奏者
第1回開催からこれまで、すべての「セントレア空港音楽祭」を監修。地元アマチュア音楽家との交流・育成に協力。

河原 龍夫(かわはら たつお)

ミュージシャン/タレント
第1回開催からこれまで、すべての「セントレア空港音楽祭」で総合司会を担当。豊富な音楽知識と楽しいトークで看板的存在。

        

2019年度 受賞者

          

木下 紘治郎(きのした こうじろう)

日本マーチング協会東海支部相談役
「セントレア空港音楽祭」のジャンル別企画である、春の「CENTRAIR SKY MARCHING FESTIVAL」、秋の「Centriar Music Wings」の立ち上げに貢献。また、現在も上記企画の監修を行っている。

納谷 嘉彦(なや よしひこ)

ジャズピアニスト/作編曲家
2012年1月(第3回)「セントレア空港音楽祭」に初出演。以来、JAZZ企画の監修、「Centrair Cool Jazz Festival」立ち上げにも大きく貢献。現在も夏の「Centrair Cool Jazz Festival」の監修。

株式会社ヤマハミュージックジャパン

2011年1月(第1回)「セントレア空港音楽祭」以降、楽器の無償提供をしてくださり、空港音楽祭の実施・運営をサポート。空港音楽祭の理念にも共感を示してくださり、空港音楽祭の発展に多大なる貢献。
株式会社ヤマハミュージックジャパンを代表して、LM営業部西日本営業課課長北島尚彦氏(受賞時点)が表彰式に出席・受賞。

杉浦哲郎 (すぎうら てつろう)

スギテツ代表/作・編曲家
秋の「Centrair Music Wings」、冬の「セントレア空港音楽祭」を監修。
自身もスギテツとしてステージに出演し、TOHO MARCHING BANDなど他の出演者とコラボステージを行う。

源石和輝 (げんいし かずてる)

東海ラジオ放送株式会社 アナウンサー
2012年7月「第4回セントレア空港音楽祭」から現在にわたり、「セントレア空港音楽祭」の司会を担当。
音楽祭の進行を行うほか、自身もスギテツとコラボし、絵本の朗読の語り手を行う。

通年のイベント予定

CENTRAIR SKY MARCHING FESTIVAL

青空と飛行機を背景に一直線に進むスカイデッキでのパレード。所狭しと息の合った動きと演奏を繰り広げるイベントプラザでのフロアショー。耳だけでなく目でも楽しむマーチングバンドの華麗なる演奏をお楽しみいただけます。(5月開催予定)

Centrair Cool Jazz Festival

「ホットな夏に、クールなジャズを」コンボジャズ、ビッグバンドジャズ、ディキシーランドジャズ…。プロ・アマチュアミュージシャンが集い、様々なジャズの世界をお届けします。(7月開催予定)

Centrair Music Wings

大編成演奏の両翼とも言える「オーケストラ」と「吹奏楽」にスポットを当て、アマチュア楽団がセントレアに集結。旅客ターミナルの真ん中で、フル編成による演奏は圧巻です。(11月開催予定)

Centrair Sweet Chorus Festival

クリスマスマーケットが同時開催されており、クリスマスムード一色のセントレアで美しいハーモニーが響き渡ります。(12月開催予定)

セントレア空港音楽祭

通年で開催している音楽イベントの集大成。
マーチング・ジャズ・オーケストラ・コーラスを代表する出演者が登場するほか、上記ジャンルにとらわれないオールジャンルの音楽イベント。約90組(2019年度実績)のオーディションを勝ち抜いたアーティストも出演。(2月開催予定)

2020年度開催スケジュール

出演を希望される方へ

「セントレア空港音楽祭」の出演者は、「セントレア空港音楽祭オーディション」にて募集・選考しております。
(毎年7月~8月頃実施予定、当サイトにて募集要項を掲載)

空港音楽祭事業をサポートいただける協賛社様を募集しております

「花と緑と音楽で、笑顔あふれる空港 セントレア」を象徴するオリジナルイベント「セントレア空港音楽祭」。
プロ・アマチュア混合、オールジャンルの音楽イベントとして2011年1月にスタート。
2016年からはジャズ・コーラス・マーチングなどジャンル別企画が次々と誕生し、今では1年を通じ、季節ごとに様々な音楽プログラムを用意しております。
中部地方の音楽文化を支える応援・サポートをお願いいたします。


■協賛についてのお問い合わせ

セントレア空港音楽祭 制作事務局
株式会社イントロダクション

052-737-1512

MAIL:intro@viola.ocn.ne.jp

お問い合わせ

0569-38-1195

受付時間(年中無休):6:40~22:00