このページの本文へ移動

スカイデッキ

滑走路に向かって突き出た第1ターミナルセンターピアの屋上は、長さ約300メートルの総ウッド張りの屋外デッキです。

日本で一番近くに飛行機を感じられる展望台として高い評価を受けております。スカイデッキ先端から滑走路までは300m、飛行機が滑走路まで移動する誘導路まではわずか50m程度と飛行機を間近でみることができます。

スカイデッキのご案内

天気がよければ対岸の三重県をはじめ、名古屋港を行き交う船舶をご覧いただけます。夕方は伊勢湾の向こうに沈む夕陽と離着陸する飛行機というセントレアならではの光景を見ることができます。

夜は滑走路に散りばめられた数々の航空灯火が幻想的な雰囲気を演出してくれます。一日中どんなシチュエーションでもお楽しみいただけます。

ご利用時間

7:00~21:00

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開場時間を短縮しております。

ご利用にあたっての注意事項
セントレアスカイデッキは、航空機の見学やお見送りのお客様など多くのお客様にご利用いただいております。安全で快適な環境の維持のため、スカイデッキでの撮影にあたって、お客様にご協力いただきたい事項を以下に記載しております。 なお、以下に記載のない事案についても、航空保安上およびお客様の安全上危険と判断した場合、および他のお客様のご迷惑になる恐れがある行為などについては、係員がお声がけさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

■新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願いとご案内(2020年6月1日より)

  • 空港来港時にはマスクを着用ください
  • スカイデッキ出入口に設置している消毒液やトイレなどでの手洗い・消毒を徹底ください
  • 「1つの手すりにつき1組*」を目安に、他のお客様との距離をとって密を避けながらお楽しみください
  • ※スカイデッキの手すりは1スパン約2m。1組の定義はご家族やパートナーなどを想定。
    なお、スカイデッキ下の屋内空間「センターピアガーデン」は、当面の間、1階・2階共に閉鎖を継続いたします。これに伴い、スカイデッキ中央および先端にあるエレベーターホール(風除室)も閉鎖となり、スカイデッキへの出入りは第1ターミナル4階スカイタウンからの4ヶ所に限定されます。
    開場後においても、お客様同士の十分な間隔が確保できないと見込まれる場合は、再度スカイデッキの閉鎖や入場制限をさせていただく場合がございます。皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。


    ■ワイヤーフェンスの取り扱いについて

  • セントレアでは、ワイヤーフェンスの間にレンズを入れての撮影については、航空保安に影響のない範囲、および施設(ワイヤー)への影響がない範囲であれば禁止しておりません。
  • ただし、大口径のレンズのご利用やワイヤー同士を洗濯バサミなどで挟む行為については、ワイヤーが伸びきってしまい場合によっては破断やそれに伴う怪我の恐れもあることからご遠慮いただいております。
  • ※セントレアでは開港時に金網のフェンス設置を検討しましたが、航空ファンの方にとっては写真が撮りづらくせっかくのスカイデッキの良さを生かせないのではという観点から航空保安を守りつつ最大限お客様に楽しんでいただける方法としてワイヤーフェンスが採用されました。


    ■三脚の使用について

  • セントレアでは、通常の撮影目的での三脚の使用はご利用可能です。ただし、ご利用にあたっては、周囲のお客様へのご迷惑にならないよう十分にご配慮願います。
  • 混雑時には三脚の使用はお控えください。
  • 場所取りなどの行為はご遠慮ください。なお、場所取りなどで放置されている三脚は、係員により撤去する場合があります。

  • ■脚立の使用について

  • 航空保安上、およびお客様の安全空港会社が許可をした場合を除き、脚立の利用はお控えください。

  • ■フラッシュ・レフ板の使用について

  • 航空機の運航に支障が出るため、駐機場や運航している航空便に向けてのフラッシュ撮影およびレフ板を向ける行為は固く禁じます。

  • ■航空機の運航情報について

  • セントレア発着便の運航情報については、セントレアWebおよび空港に設置されているフライト案内表示板をご確認ください。
  • セントレアWebおよび空港に設置されているフライト案内表示板に記載のない航空便の運航情報については、原則運航スケジュールは公表されていませんので、お問い合わせはお控えください。
  • フロアマップ