このページの本文へ移動

液体物の持ち込みについて

国内線の場合

液体物の機内持ち込みには制限はありません。

国内線は、国際線と異なり液体物の量的制限はありません。ただし、輸送禁止品として定められているものは持ち込みができません。
詳しくは機内持込・お預け手荷物における危険物について(国土交通省)」をご覧ください。

国際線の場合

液体物の機内持ち込みには制限があります。

国際線ご利用の際、100ミリリットル(100グラム)を超える液体物は、航空機内への持ち込みが禁止されています。
ただし、下記の場合は持ち込み可能です。
※100ml(g)=3.4オンス

液体物のパッケージ方法

国際線で液体物を機内に持ち込む場合は、個別に100ミリリットル(100g)以下の容器に入れ、それらを容量1リットル以下(縦横20cm以下)のジッパーが付いている透明なプラスチック製の袋にまとめて入れてください。
この液体物が入った袋の持ち込みは、お客様ひとりにつき1点のみ可能です。

袋のサイズは、縦20cm以下 × 横20cm以下が目安となります。マチ付きの物は容量が1リットルを超えてしまいますので、使用はできません。

  • ※パッケージ用の袋はお客様ご自身でご用意ください。

持ち込み禁止液体物の例

上記のものは持ち込み制限の対象となる液体物に分類されます。100ミリリットル(100g)を超える場合は保安検査場で放棄していただくことになりますので、事前によくご確認ください。
この他にもたくさんの対象液体物がありますので、 「規制の対象になる液体物リスト(PDF)」よりご確認ください。

出国手続き後に免税店などで
購入した場合

出国手続き後に免税店などの店舗で購入されたお酒や化粧品類などの液体物は、上記の制限にかかわらず100ミリリットルを超える場合も機内へ持ち込みが可能です。
詳しくはご利用の 各航空会社 にお問い合わせください。

また、当空港を出発し、海外の空港で国際線に乗り継ぎをされるお客様にも、空港内の免税店で100ミリリットルを超えるお酒や香水などの液体物を購入いただけるよう、当空港ではSTEBs(Security Tamper-Evident Bags)を導入しています。
詳しくは、 STEBsについて をご確認ください。