Loading...

 

いまや空港は、単なる空の港ではない。
商業の起点として世界と地域をつなぐ役割を任され、
アミューズメントの発信地としても注目を浴びる。
私たち中部国際空港は、この日本の真ん中から
ビジネスの世界をどこまでも広げていく。
可能性の限界ラインは、空ほどに果てがない。
キミも、この無限大の成長に挑戦してみないか。

セントレアの魅力と価値の向上に向けて、
私たちは 新しい“コト”を起こし続けていく。
その楽しみを共に分かち合いたい。

  •  2020年、開港15周年に先駆け、複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」やLCCビジネスモデルに沿ったターミナル事業「第2ターミナル」の開業等、中部国際空港セントレアはまさに今、次への成長のステージへ向かっています。
     安全・安心で利便性の高い空港であり続けることを大前提として、これまで以上に地域に愛され、親しまれる空港をつくっていかなければならないという思いを込めて、2017年7月に「ビジョン2027」を発表しました。
     セントレアの魅力と価値の向上に向けて、私たちはこれから“コト”を起こし続けなければなりません。私たちには、これまでの空港の概念を変え、新たな空港の姿をつくり出してきたという自負があります。これからも、たくさんの新しい“コト”を起こすことで、まだ見ぬ空港需要を掘り起こしていきたい、そう考えています。

  •  「セントレアに行こう」という意欲を掻き立て、中部の空の玄関口でありながら、目的地として足を運んでもらえるエアシティを創造します。また、中部の企業や人が持つ才能と力を世界と結びつけられるような役割を果たしていきたいとも思っています。私たちが描く未来の空港構想は、空港の概念を更に変えていくことになるでしょう。
     そして、2027年に予定されているリニア中央新幹線の開業。品川と名古屋間が40分で行き来できるようになれば、セントレアは成田、羽田に次ぐ、首都圏第三空港として利用される可能性が一気に高まります。日本のお客様だけでなく海外のお客様にも選んでもらえる空港として、路線をはじめ各種サービスの拡充を図り、さらに地域や地元企業の皆さまと一緒に、「日本の玄関口」としての中部の魅力を一層掘り起こし、発信していきたいと思います。

  •  優良な会社となるためには、冷静な判断力を持ち味とする人や周囲を巻き込むリーダーシップがある人など、いろいろなスキルに長けた人が集まり、それぞれの力を発揮する必要があります。どんなタイプにしろ、一度や二度の失敗で諦めるのではなく、失敗を糧に何度でもチャレンジする情熱が不可欠です。
     当社は、様々な人々が行き交う空港を運営する会社であるため、働く人も多様でありたい。十人十色の人材が集まり、人と人とが織りなす化学反応を日々楽しむ。そして、「夢と笑顔」。組織を動かす、仲間と前を向くためには、「夢を語ること」と「笑顔で接し、ありがとうと伝えること」の二つが最も大切だと考えています。ここにはそんな仲間がいて、そんな社風があります。だからこそ、セントレアの魅力と価値を向上させられる“コト”を起こせるのではないかと思っています。
     セントレアの次の未来に向けて、“コト”を起こす楽しみを共に分かち合いましょう。

  • 1
  • 2
  • 3

  • 空港で何がしたいのか。空港でなにができるのか。
    セントレアを支えるのは
    全く違うようで、相互に連携し合う
    3つのビジネスフィールド。
    夢に挑戦する姿勢を応援する気風は、グループ全体に行き渡っている。
    セントレアを世界に誇る国際空港へと育てるために
    君はどのフィールドで、何を発信するか。
    まだまだ若く熱いセントレアの進化は止まらない。

2005年の開港以来、中部圏と世界とをつなぐ国際空港として
空港を利用するあらゆるお客様の満足度の向上にこだわってきた。
より利便性・安全性の高い空港を整備・管理・維持していくこと。
それは空港会社のコアな業務であり、変わらない使命である。しかし、私たちの挑戦はそれだけに留まらない。
中部国際空港をただの空の駅ではなく、ひとつのまちに育てていくこと。
ボーイング787初号機を迎えたFLIGHT OF DREAMSプロジェクトや、
第二滑走路建設計画など中部国際空港の挑戦はたった今も進行中。
あなたが学んできたこと、あなたの論理的な視点と判断力は必ずこのまちづくりのチカラとなるだろう。
それは、中部地域全体の発展に貢献するという意味でもある。
あなたの手で、中部国際空港に新たなValueを。可能性は無限に広がっている。

Read more

  • 人事グループメッセージ
  • 採用募集要項
  • ダイバーシティ
  • 基本給 大学卒  202,600円
    大学院了 222,100円
    (いずれも2018年4月度入社実績)
    諸手当 通勤手当、住居手当、扶養手当、超過勤務手当 他
    昇給 年1回(4月)
    賞与 年2回(6月・12月)
    休日休暇 休日/完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始
    休暇/有給休暇、 特別休暇(慶弔、産前産後、ボランティアなど)、病気休暇
    ※交替制勤務は別途定める
    教育制度 新入社員研修、メンター制、キャリア形成研修、職種別研修、
    技術教育、語学研修、資格取得援助、外部セミナー参加促進、オンライン英会話
    待遇・
    福利厚生・
    社内制度
    ◇社会保険完備(雇用・健康・労災・厚生年金)
    ◇グループ交流イベント
    ◇カフェテリアプラン
    ◇財形貯蓄
    ◇食事補助
    ◇海外旅行補助 等
    研修制度 入社時研修、6カ月フォロー研修、12カ月フォロー研修、
    他空港交流研修
    勤務時間 9:00~18:00(実働8時間・休憩60分)
    ※フレックスタイム制および交替制勤務あり
    ※コアタイムは13:00~15:00
  • ダイバーシティの推進

    2000年から新卒採用が開始され、国際空港としての大きな転換期を迎える今日、積極的にダイバシティの推進を図っている。2011年にはじめて外国籍社員を採用し、2019年4月には外国籍社員は13名となる。国籍は中国・韓国・インドネシア・ベトナム・ウズベキスタン・フィンランド・スペインなど様々で、世界中のバックグラウンドを持った社員が働いている。 その中で人事グループとして、外国籍社員の積極的な採用だけでなく、社内英語教育の充実にも力を入れている。現在は自己啓発制度の一環としてオンライン英会話を導入しており、英語を1つのツールとして仕事をしたいという有志ある社員が積極的に受講している。
    今後もより幅広く、ポテンシャルのある学生を採用し、社内全体の底上げから、個性ある国際空港を目指していきたい。

Copyright Central Japan International Airport Co., Ltd.

pagetop